東京工業大学
科学技術創成研究院
化学生命科学研究所
大学院総合理工学研究科
化学環境学専攻    

A_lab

 
卒業生進路

吉沢 道人 准教授
Associate Professor
Michito YOSHIZAWA

my07

                                       
 所属 & 連絡先
 
東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所
(物質理工学院 応用化学系 兼任)

住所:〒226-8503 横浜市緑区長津田町4259, R1-28
居室:R1棟 2階 218号室
電話:045-924-5284(直通) Fax:045-924-5230
Eメール:yoshizawa.m.ac@m.titech.ac.jp

 近況報告                         過去の近況報告
 


2016年2月21-27日 台湾 講演ツアー
 ACPの支援で台湾の3大学および1研究所で、講演および研究討論をして来ました。世話役のH.-F. Hsu教授およびS.-H. Chiu教授に大変歓迎をして頂き、沢山のお土産も頂きました。どうも有難うございました。

C60

2016年2月16日 栗原君 ポスター賞
 本専攻のM1中間発表で栗原晃平君がポスター賞を受賞しました!

2015年12月28日 超分子触媒 JACS誌に掲載
 大曲匠君(M2)らが開発した新規なカプセル型の超分子触媒が、JACS誌に速報(DOI: 10.1021/jacs.5b11665)として掲載されました!私達のグループで見つけた最初の触媒反応です。

2015年11月25日 共同特許出願
 JSR株式会社との共同で開発した分子カプセルの新機能について、特許出願しました!

 
 プロフィール  
 


1974年4月26日 埼玉県生まれ
1997年 東京農工大学 工学部 卒業
1999年 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 修士課程修了
2002年 名古屋大学大学院 工学研究科 博士課程修了(工学博士)
2002〜2003年 日本学術振興会 特別研究員 PD
2003〜2008年 東京大学大学院 工学系研究科 応用化学専攻 助手(助教)
2008〜2016年 東京工業大学 資源化学研究所 准教授(化学環境学専攻 兼任)
2016年〜現在 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 准教授
       (物質理工学院 応用化学系 兼任)
 
メンバー:CSJ 新領域研究G

受賞・助成など
2001〜2002年 日本学術振興会 特別研究員 DC2
2003年 第19回 井上研究奨励賞(井上科学振興財団)
2006年 ルイ・パスツール大学(フランス) 客員教授
2007年 第56回 進歩賞(日本化学会)
2006〜2010年 JST さきがけ研究「構造制御と機能」領域 研究員
2010年 文部科学大臣表彰 若手科学者賞(文部科学省)
2011〜2014年3月 最先端・次世代研究開発支援プログラム(内閣府)
2012年 第3回 リサーチフロントアワード(トムソン・ロイター)
2012年 台湾招待講演(CRPC, NSC)
2014年 ストラスブルグ大学(フランス) 客員教授
2014年 アジアコアプログラム レクチャーシップ賞
2015年 第2回 東工大の星 支援(STAR)

 
 研究テーマ
 


 タンパク質からなる生体カプセルやフラーレンのような人工カプセルを模倣して、芳香環で囲まれたナノサイズの空間(=芳香環ナノ空間)を有する新規な三次元ナノ構造体の作製を行っています。また、そのナノ空間を活用して、従来の溶液や固体中では見られない新しい化学現象の創出を目指しています。さらに、光機能性材料の開発にも挑戦しています。 最近の研究(2014.10) 最近の研究(2014.8) 最近の研究(2013.1) 研究者の紹介

 専門:超分子化学・ナノ空間化学

 
 最近の論文リスト など
 
  • S. Sekiguchi, K. Kondo, Y. Sei, M. Akita, M. Yoshizawa
    Engineering Stacks of V-Shaped Polyaromatic Compounds with Alkyl Chains for Enhanced Emission in the Solid State
    Angew. Chem. Int. Ed., 2016, 55, in press.
  • 16Seki

  • 吉沢道人・岸本真依・近藤 圭・穐田宗隆
    pH応答性分子カプセル、疎水性化合物の可溶化剤、及び疎水性化合物の可溶化方法(特許出願)
    特願2016-033452, 2016年2月24日(出願人 東京工業大学)

  • A. Suzuki, K. Kondo, Y. Sei, M. Akita, M. Yoshizawa
    A Fluorescent Molecular Capsule with a Flexible Polyaromatic Shell for Detecting Monoterpene Compounds in Water
    Chem. Commun., 2016, 52, 3151-3154.
  • 16Suzu

  • T. Omagari, A. Suzuki, M. Akita, M. Yoshizawa
    Efficient Catalytic Epoxidation in Water by Axial N-Ligand-Free Mn-Porphyrins within a Micellar Capsule
    J. Am. Chem. Soc., 2016, 138, 499-502. 解説
  • 16Oma

  • K. Kondo, M. Akita, M. Yoshizawa
    Solubility Switching of Metallo-Phthalocyanines and Their Larger Derivatives upon Encapsulation
    Chem. Eur. J., 2016, 22, 1937-1940.
  • 16kondo

  • A. Ahmedova, D. Momekova, M. Yamashina, P. Shestakova, G. Momekov, M. Akita, M. Yoshizawa
    Anticancer Potencies of Pt(II)- and Pd(II)-linked M2L4 Coordination Capsules with Improved Selectivity
    Chem. Asian J., 2016, 11, 474-477.
  • 16Ani

  • 新井隆之・吉沢道人・近藤 圭
    分散液及びその製造方法並びに膜及びその製造方法(特許出願)
    特願2015-0158, 2015年11月25日(出願人 JSR・東京工業大学)

  • 近藤 圭・岡澤佑允・吉沢道人
    アントラセンを活用した分子集合体の新展開
    液晶, 2015, 19, 182-191.

  • M. Yamashina, M. Sartin, Y. Sei, M. Akita, S. Takeuchi, T. Tahara, M. Yoshizawa
    Preparation of Highly Fluorescent Host-Guest Complexes with Tunable Color upon Encapsulation
    J. Am. Chem. Soc., 2015, 137, 9266-9269. 解説
  • 15Yama

  • Y. Okazawa, K. Kondo, M. Akita, M. Yoshizawa
    Well-defined Aqueous Nanoassemblies from Amphiphilic meta-Terphenyls and Their Guest Incorporation
    Chem. Sci., 2015, 6, 5059-5062.
  • 15Oka

  • K. Kondo, M. Akita, T. Nakagawa, Y. Matsuo, M. Yoshizawa
    A V-Shaped Polyaromatic Amphiphile: Solubilization of Various Nanocarbons in Water and Enhanced Photostability
    Chem. Eur. J., 2015, 21, 12741-12746.
  • 15Kondo

  • K. Hagiwara, M. Otsuki, M. Akita, M. Yoshizawa
    Polyaromatic Molecular Tubes with a Subnanometer Pore and the Guest-Induced Emission Enhancement Behavior
    Chem. Commun., 2015, 51, 10451-10454.
  • 15Hagi

  • 山科雅裕・吉沢道人
    ラジカル開始剤のカプセル化 =耐光性および耐熱性の向上=
    光アライアンス, 2015, 6, 1-4.

  • M. Yamashina, T. Yuki, Y. Sei, M. Akita, M. Yoshizawa
    Anisotropic Expansion of an M2L4 Coordination Capsule: Host Capability and Frame Rearrangement
    Chem. Eur. J., 2015, 21, 4200-4204.
  • 17Yuki

  • Y. Okazawa, K. Kondo, M. Akita, M. Yoshizawa
    Polyaromatic Nanocapsules Displaying Aggregation-Induced Enhanced Emissions in Water
    J. Am. Chem. Soc., 2015, 137, 98-101. 解説
  • pub16

  • K. Hagiwara, M. Akita, M. Yoshizawa
    An Aqueous Molecular Tube with Polyaromatic Frameworks Capable of Binding Fluorescent Dyes
    Chem. Sci., 2015, 6, 259-263.
  • pub15

  • K. Yazaki, Y. Sei, M. Akita, M. Yoshizawa
    A Polyaromatic Molecular Tube That Binds Long Hydrocarbons with High Selectivity
    Nature Commun., 2014, 5, 5179. 解説
  • NC02

  • 鈴木 輝・吉沢道人 
    芳香環の殻を持つナノカプセルの作製と蛍光特性
    マイクロ/ナノカプセルの調製、徐放性制御と応用事例 (技術情報協会)2014, 75-79.

  • K. Kondo, A. Suzuki, M. Akita, M. Yoshizawa
    Micellar Polyaromatic Capsules: Enhanced Emissive Properties through Shell-Functionalization
    Eur. J. Org. Chem., 2014, 33, 7389-7394.
  • pub14

  • M. Yamashina, Y. Sei, M. Akita, M. Yoshizawa
    Safe Storage of Radical Initiators within a Polyaromatic Nanocapsule
    Nature Commun., 2014, 5, 4662. 解説
  • pub13

  • 吉沢道人・山科雅裕・穐田宗隆
    分子カプセル、ステロイドの水溶化方法及び水溶化ステロイド(特許出願)
    特願2014-088505, 2014年4月22日(出願人 東京工業大学)

  • 萩原啓太・吉沢道人 
    アントラセン環の殻を持つ三次元ナノ構造体の創製
    有機合成化学会誌 2014, 72 (6月号), 692-701.

  • 吉沢道人・神山美穂・鈴木 輝・穐田宗隆
    フタロシアニン及びポルフィリン等の水溶化剤、水溶化体、及び水溶化方法(特許出願)
    特願2014-021941, 2014年2月7日(出願人 東京工業大学)

  • 近藤 圭・吉沢道人
    アントラセン環の殻をもつ“芳香環ミセル”(特集:制限空間と高分子)
    高分子 2014, 63 (4月号), 229-230.

  • N. Kishi, M. Akita, M. Yoshizawa
    Selective Host-Guest Interactions of a Transformable Coordination Capsule/Tube with Fullerenes
    Angew. Chem. Int. Ed., 2014, 53, 3604-3607.
  • pub12

  • Z. Li, Y. Sei, M. Akita, M. Yoshizawa
    A Solvato-Fluorochromic Macrocycle of Multiple Anthracene Fluorophores in Close Proximity
    Chem. Asian J., 2014, 9, 1016-1019.
  • pub11

  • M. Yoshizawa, J. K. Klosterman
    Molecular Architectures of Multi-Anthracene Assemblies
    Chem. Soc. Rev., 2014, 43, 1885-1898.
  • REV01

  • N. Kishi, M. Akita, M. Kamiya, S. Hayashi, H.-F. Hsu, M. Yoshizawa
    Facile Catch and Release of Fullerenes Using a Photoresponsive Molecular Tube
    J. Am. Chem. Soc., 2013, 135, 12976-12979. 解説
  • pub10

  • 吉沢道人・山科雅裕・穐田宗隆
    分子カプセル、安定化重合開始剤及び分子カプセルによる重合開始剤の安定化方法(特許出願) 特願2013-149126, 2013年7月18日(出願人 東京工業大学)

  • A. Suzuki, K. Kondo, M. Akita, M. Yoshizawa
    Atroposelective Self-Assembly of a Molecular Capsule from Amphiphilic Anthracene Trimers
    Angew. Chem. Int. Ed., 2013, 52, 8120-8123.
  • pub09

  • S. S. Babu, M. J. Hollamby, J. Aimi, H. Ozawa, A. Saeki, S. Seki, K. Kobayashi, K. Hagiwara, M. Yoshizawa, H. Moehwald, T. Nakanishi
    Nonvolatile Liquid Anthracenes for Facile Full-Colour Luminescence Tuning at Single Blue-Light Excitation
    Nature Commun., 2013, 4, 1969 (DOI: 10.1038/ncomms2969)

  • M. Yoshizawa
    Coordination Nanocages for Engineering Discrete Aromatic Stacks (Chapter 4)
    Metal-Molecular Assembly for Functional Materials, Springer, 2013, 29-39.

  • N. Kishi, Z. Li, Y. Sei, M. Akita, K. Yoza, J. S. Siegel, M. Yoshizawa
    Wide-Ranging Host Capability of a Pd(II)-Linked M2L4 Molecular Capsule with an Anthracene Shell
    Chem. Eur. J., 2013, 19, 6313-6320.
  • pub08

  • 李 稚鴎・吉沢道人
    青色蛍光を発する分子カプセル =自己組織化を利用した三次元構造体の構築と光物性=
    光アライアンス 2013, 24(3), 52-55.

  • K. Yazaki, N. Kishi, M. Akita, M. Yoshizawa
    A Bowl-Shaped Organic Host Using Bispyridine Ligands: Selective Encapsulation of Carbonyl Guests in Water
    Chem. Commun., 2013, 49, 1630-1632.
  • pub07

  • K. Kondo, A. Suzuki, M. Akita, M. Yoshizawa
    Micelle-like Molecular Capsules with Anthracene Shells as Photoactive Hosts
    Angew. Chem. Int. Ed., 2013, 52, 2308-2312.
  • pub06

  • Z. Li, H. Ishizuka, Y. Sei, M. Akita, M. Yoshizawa
    Extended Fluorochromism of Anthracene Trimers with a meta-Substituted Triphenylamine or Triphenylphosphine Core
    Chem. Asian J., 2012, 7, 1789-1794.
  • pub05

  • Z. Li, N. Kishi, K. Yoza, M. Akita, M. Yoshizawa
    Isostructural M2L4 Molecular Capsules with Anthracene Shells: Synthesis, Crystal Structures, and Fluorescent Properties
    Chem. Eur. J., 2012, 18, 8358-8365.
  • pub04

  • K. Hagiwara, Y. Sei, M. Akita, M. Yoshizawa
    A Tubular Macrocycle from Covalently Linked Anthracenes and meta-Phenylene Spacers
    Chem. Commun., 2012, 48, 7678-7680.
  • pub03

  • 吉沢道人・近藤 圭・鈴木 輝・穐田宗隆
    多環芳香族骨格を有する両親媒性分子の集合体およびその製造方法(特許出願)
    特願2011-201691, 2011年9月15日 (出願人 東京工業大学)

  • 李 稚鴎・吉沢道人
    分子カプセル ―最小の機能性カプセルを求めて―
    化学と教育 2011, 59(11), 546-549.

  • Z. Li, N. Kishi, K. Hasegawa, M. Akita, M. Yoshizawa
    Highly Fluorescent M2L4 Molecular Capsules with Anthracene Shells
    Chem. Commun., 2011, 47, 8605-8607.
  • pub02

  • N. Kishi, Z. Li, K. Yoza, M. Akita, M. Yoshizawa
    An M2L4 Molecular Capsule with an Anthracene Shell: Encapsulation of Large Guests up to 1 nm
    J. Am. Chem. Soc., 2011, 133, 11438-11441.
  • pub01R

  • 吉沢 道人 
    自己組織化を利用した有限分子集積(第8章)
    金属と分子集合―最新技術と応用― (シーエムシー出版) 2010.

  • 吉沢 道人・李 稚鴎・貴志 礼文・穐田 宗隆 
    発光性遷移金属錯体およびその製造方法[特許出願]
    特願2010-053609, 2010年3月10日 (出願人 東京工業大学)

  • M. Yoshizawa, M. Fujita
    Development of Unique Chemical Phenomena within Nanometer-sized, Self-Assembled Coordination Hosts
    Bull. Chem. Soc. Jpn., 2010, 83, 609-618.

  • M. Yoshizawa, J. K. Klosterman, M. Fujita
    Functional Molecular Flasks: New Properties and Reactions within Discrete, Self-Assembled Hosts
    Angew. Chem. Int. Ed., 2009, 48, 3418-3438.
  • review1

  • J. Iwasa, K. Ono, M. Fujita, M. Akita, M. Yoshizawa
    Switchable trans-cis Interconversion of an Amphiphilic Anthracene Trimer
    Chem. Commun., 2009, 5746-5748.

  •  *これ以前の論文リスト

     

     
    Copyright(C) Akita-Yoshizawa Laboratory. All rights reserved.