化生研 田中・吉田 研究室 について

当研究室について

 

本研究室は、2011年5月に田中が資源化学研究所・生物資源部門の教授として赴任して立ち上げた研究室です。その後、島田助教(2011年8月〜2017年3月)、今村准教授(2012年1月〜)、小林助教(2012年4月〜)をスタッフとして加え、本格的に始動しました。2016年4月からは東工大の組織改革に伴い、科学技術創成研究院 化学生命科学研究所における 田中・今村研究室 として研究活動を行なっています。その後、2017年4月に島田助教が明治大学農学部に転出、2020年8月から大林特任助教(2021年4月から助教)が参加、2021年3月に今村准教授が転出に伴い特定准教授(2021年4月より特定教授)となりました。2021年10月、大林助教が静岡大学理学部に転出、同10月より吉田准教授が着任、さらに2022年1月に前田助教が着任し、現在は田中・吉田・今村・小林・前田の教員5名の田中・吉田研究室として運営しています。
 


Staffs

Professor

田中 寛 (Kan TANAKA)

Associate Professor

吉田啓亮(Keisuke YOSHIDA)

Visiting Professor

今村壮輔 (Sousuke IMAMURA)

Assistant Professor

小林勇気 (Yuki KOBAYASHI)

前田海成(Kaisei MAEDA)

Technical Staff

大植真美(Mami OUE)

Secretary

山田雅子(Masako YAMADA)

Students

博士課程(DC)

山根さやか(Sayaka YAMANE)

罗 颖(Ying LUO)

Glesiandra, Charisa (Charisa GLESIANDRA)

長谷川葉月(Hazuki HASEGAWA)

Bora, Prerna (Prerna BORA)

黄 軒(Xuan HUANG)

Tran, Minh Chau (Minh Chau TRAN)

龍 雨航 (Yuhang LONG)

修士課程(MC)

王 加冕(Jiamian WANG)

最賀勇太(Yuta SAIGA)

NELCE, Anasthasia Devithania (Anasthasia Devithania NELCE)

陳 涛(Tao CHEN)

清水航太(Kota SHIMIZU)

卒業研究(UG)

林梨史(Rihito HAYASHI)

速水武沙士(Musashi HAYAMIZU)


教員紹介

教授:田中 寛

本研究室は2011年5月に田中が教授として赴任して立ち上げた研究室です。田中の研究の出発点は、バクテリアを主とする微生物の分子遺伝学です。学生時代とスタッフ時代を含め、1985年から2008年まで東京大学応用微生物研究所(後に分子細胞生物学研究所)で過ごしましたが、2008年に研究室を千葉大学園芸学部に移し、さらに2011年より東京工業大学に拠点を置いています。この間、バクテリアから葉緑体、植物、藻類と対象を広げ、原核、真核の壁を越え、階層性や進化を考慮した細胞生物学の展開を目指しています。

准教授:吉田啓亮

吉田はこれまで、植物オルガネラの機能制御メカニズムに興味をもって研究を行ってきました。学生時代は、“葉緑体光合成系とミトコンドリア呼吸系のオルガネラ間クロストークの研究”を行い、ミトコンドリア呼吸系が葉緑体で生じる過剰な還元力の散逸系として働くことを明らかにしました。その後、ポスドク~助教のときには“オルガネラ機能のレドックス制御系の研究”を行い、特に葉緑体のレドックス制御系を多くの因子が関わるネットワークとして捉え直し、その分子基盤や生理意義を明らかにしました。今後も、分子生物学・生化学から生理生態学までを貫徹する網羅的解析を駆使し、また田中教授とも密に連携して、植物の環境応答を多角的に明らかにしていきたいと考えています。

特定教授:今村壮輔

今村のこれまでの研究のキーワードは”微細藻類”と”転写制御”です。学生時代はシアノバクテリア、学位取得後のポスドク時代は単細胞紅藻シゾンを用いて、転写制御機構の理解に重きをおいてきました。一方、中央大学にスタッフとして着任後は、それまでのバックグラウンドを生かしつつ、軽油相当の炭化水素を生産する単細胞緑藻を用いたバイオ燃料生産に関わる研究を企業と共同で行ってきました。今後は、微細藻類を用いたバイオ燃料生産構築に向けて解決すべき課題について、主に分子生物学的・遺伝子工学的手法を用いた基礎的研究を進めると共に、それら知見を基盤とした応用研究にも積極的に取り組んで行きたいと考えています。

助教:小林勇気

小林は学生時代、ポスドク時代を通して植物を用いたオルガネラと核との相互作用についての研究を行ってきました。特にポスドク時代には単細胞紅藻シゾンを用いた、レトログレードシグナルによるオルガネラDNA複製と核DNA複製の協調機構の一端を解明する事が出来ました。その後、企業の研究所に所属し動物細胞を用いたがん研究に従事しました。今後は企業時代に新たに得たテクニックを生かし、植物にとどまらず動物細胞にも対象を広げオルガネラと核との相互作用機構の解明や、それを生かした応用研究に取り組んでいきたいと考えています。
 

助教:前田海成

前田は学部生時代にシアノバクテリアの固着や細胞凝集に興味を持ち、以降現在に至るまでそのメカニズム、特に細胞外多糖の合成メカニズムについて研究してきました。その過程で、シアノバクテリアに特異的な多糖やその合成系が存在することを明らかにしました。最近は、環境中に生息する非モデル種も研究対象とするべく、合成生物学的実験手法の開発にも取り組んでいます。今後は、細胞外多糖合成の制御メカニズムの解明にも取り組み、シアノバクテリアの生態における細胞外多糖などの役割を解明したいと考えています。また、得られた知見と技術を活用した応用研究、特に有用物質生産やシアノバクテリア由来多糖の産業活用について継続して取り組みます。
 

応微研ジャーナル


 
1955年創刊、67年の歴史をもつ日本オリジナルの微生物学分野の国際誌です(IF 2020/2021 = 1.447)。本誌のChief Editorを2014年3月より田中が担当しております。

微生物研究会


 
主に首都圏の微生物研究者の交流の場として、2004年4月以来、年に1~2回のペースで続けてきた研究集会です。

稀刊連載コミック MITOさん

[%category%]

[%new:New%][%article_date_notime_wa%]

[%title%]

[%lead%]
[%article_short_180%]