学会発表

学会

○上原幹 田中 寛:大腸菌エネルギー獲得代謝切り替えにおけるリポ酸化修飾を介した2-オキソグルタル酸デヒドロゲナーゼ (OGDH) の活性化機構、日本農芸化学会 2022年度(令和4年度)大会、京都、口頭発表、2021年3月16日(オンライン開催)
 
小宮 聡太、パンチャ イムラン、高谷 和宏、田中 寛、今村 壮輔:単細胞紅藻Cyanidioschyzon merolaeにおけるTORシグナル経路によるスターチ分解制御機構の解明、日本農芸化学会 2022年度(令和4年度)大会、京都、口頭発表、2021年3月16日(オンライン開催)
 
○田中 寛:メガデヒドロゲナーゼ複合体(MDC)が仕切るバクテリアの異化代謝
、日本農芸化学会 2022年度(令和4年度)大会、シンポジウム「新・代謝制御ストラテジー」、京都、招待、2022年3月16日(オンライン開催)
 
ーーー
○周 柏峰、島 弘季、五十嵐 和彦、高谷 和宏、田中 寛、今村 壮輔:An unknown-function protein CmNDB1 negatively regulates CmMYB1- dependent transcription of nitrate assimilation genes under nitrogen- repleted condition in a unicellular red alga. 単細胞紅藻において機能未知タンパク質 CmNDB1 が CmMYB1 制御下硝酸同化遺 伝子群の発現を窒素充足条件下において負に制御する、第63回日本植物生理学会年会、筑波、口頭発表、2021年3月22日(オンライン)
 
○吉田 啓亮、横地 佑一、田中 寛、久堀徹:Analyses of Complete Knockout Mutants of Ferredoxin/Thioredoxin Pathway in Arabidopsis. フェレドキシン/チオレドキシン系の完全破壊株シロイヌナズナの解析、第63回日本植物生理学会年会、筑波、口頭発表、2021年3月22日(オンライン)
 
○Nachiketa Bairagi、渡辺 智、荷村‐松根 かおり、田中 謙也、鶴巻 達大、中西 周次、田中 寛:Conserved Two-component Hik2-Rre1 Signalling Is Activated Under Temperature Upshift and Plastoquinone-reducing Conditions in the Cyanobacterium Synechococcus elongatus PCC 7942. Synechococcus elongatus PCC 7942 の二成分制御系 Hik2-Rre1 シグナルは高温お よびプラストキノン還元条件で活性化される、第63回日本植物生理学会年会、筑波、口頭発表、2021年3月22日(オンライン)
 
○坂本 卓也、中山 南、Daniel Slane、乾 弥生、松永 朋子、吉田 大和、鈴木 孝征、田中 寛、松永 幸大:Elucidation of the role of cohesin in the formation of chromosomal higher-order structure in Cyanidioschyzon merolae. Cyanidioschyzon merolae の染色体高次構造形成におけるコヒーシンの役割の検証、第63回日本植物生理学会年会、筑波、口頭発表、2021年3月24日(オンライン)
 
○斎藤 遥、大原 ひかる、小林 勇気、田中 寛、五十嵐 雅之、内海 龍太郎、岡島 俊英、華岡 光正:Chloroplast-to-nucleus retrograde signaling for light-dependent transcriptional regulation in Cyanidioschyzon merolae. Cyanidioschyzon merolae におけるレトログレードシグナルによる光転写制御、第63回日本植物生理学会年会、筑波、ポスター、2021年3月15-18日(オンライン)
 
ーーー
○Kan Tanaka: A complicated network to control the phosphorylation status of the two-compoent response regulator Rre1 in Synechococcus elongatus PCC 7942. In German-Japanese Meeting 2022 "Green Aquatic Biology: Ecology meets Synthetic Biology", online, invited, 4th Mar, 2022.
 
○Kan Tanaka: Functional analysis of CmACR, a novel regulatory protein for nitrogen assimilation, in a unicellular red alga C. merolae. In the 3rd International C. merolae Conference. online, invited, 5th Nov, 2021.
 
○Kan Tanaka: Functional Analysis and Evolution of Conserved Yin and Yang Stress Responses in Cyanobacteria: Hik2-Rre1 Signalling Is Activated Under Temperature Upshift and PQ-Reducing Conditions in Synechococcus elongatus PCC 7942. In Finland-Japan Seminar 2021 "Understanding the integrative systems to coordinate paradoxes between enhanced efficiency and stress tolerance of photosynthsis", online, invited, 27th Aug, 2021.
 
 

学会

○中澤 昂太 田中 寛:大腸菌における代謝ステート遷移機構の解析:2-オキソグルタル酸デヒドロゲナーゼ活性化における酢酸とリポ酸化の役割、日本農芸化学会 2021年度(令和3年度)大会、仙台、2021年3月20日(オンライン開催)
 
ーーー
○長谷川葉月、鶴巻達大、今村壮輔、園池公毅、田中寛:シアノバクテリアにおいて時計制御因子RpaAが光合成電子伝達制御を介して増殖至適温度を制御する(A circadian rhythm regulator RpaA modulates the growth temperature preference by suppressing the photosynthetic electron transport in Synechococcus elongatus PCC 7942)、第62回日本植物生理学会年会、松江、口頭発表、2021年3月16日(オンライン)
 
○安田 暉、伊南 大地、今村 壮輔、田中 寛、華岡 光正:シアノバクテリアと紅藻葉緑体に保存された二成分制御系による多様な光強度変化に際した転写制御(Transcriptional regulation under diverse light intensity changes by an evolutionarily conserved cyanobacterial two-component system)、第62回日本植物生理学会年会、松江、口頭発表、2021年3月15日(オンライン)
 
○鶴巻 達大、田中 寛:シアノバクテリアヒスチジンキナーゼNblSは進化の過程で消失したPSII結合型センサーである(Cyanobacterial histidine kinase NblS is the PSII-interacting sensor that disappeared during evolution)、第62回日本植物生理学会年会、松江、口頭発表、2021年3月15日(オンライン)
 
○小林 勇気、北川 美也子、吉川 瞳子、大原 ひかる、華岡 光正、今村 壮輔、田中 寛:原始紅藻における光シグナル伝達に関わるE3ユビキチンリガーゼCul4複合体の解析(Analysis of E3 ubiquitin ligase Cul4 complex involved in light signal transduction in a primitive red alga Cyanidioschyzon merolae)、第62回日本植物生理学会年会、松江、口頭発表、2021年3月15日(オンライン)
 
○Zhou Baifeng、島 弘季、五十嵐 和彦、田中 寛、今村 壮輔:単細胞紅藻シゾンにおける窒素欠乏応答転写因子 MYB1 の活性化調節機構(Activation Mechanism Of The Nitrogen Depletion Responsive Transcription Factor MYB1 In The Unicellular Red Alga Cyanidioschyzon merolae)、第62回日本植物生理学会年会、松江、口頭発表、2021年3月14日(オンライン)
 

学会

中澤 昂太 、太刀川 智之 、島田 友裕 、○田中 寛:大腸菌代謝ステート遷移における酢酸の役割、日本農芸化学会 2020年度大会、博多、2020年3月26日(コロナウィルスのため非開催)
 
○吉田 健一 、石川 周 、田中 寛:ルシフェラーゼ発光による枯草菌細胞内 NADPH レベルの非破壊的観測、日本農芸化学会 2020年度大会、博多、2020年3月27日(コロナウィルスのため非開催)
 
ーーー
◯小林勇気、佐藤 伸一、丹羽 達也、田口英樹、中村浩之、田中寛:Analysis of initiation of organelle DNA replication in red alga Cyanidioschyzon merolae. 第61回日本植物生理学会年会 、大阪大学、口頭発表、2020年3月20日(コロナウィルスのため非開催)

北川美也子,小林勇気,吉川瞳子,大原ひかる,華岡光正,今村壮輔,◯田中寛:E3ユビキチンリガーゼ Cul4 複合体の関わる単細胞紅藻光シグナル伝達経路、第61回日本植物生理学会年会 、大阪大学、ポスター、2020年3月19日(コロナウィルスのため非開催)

 
○周柏峰,田中寛,今村壮輔:単細胞紅藻シゾンにおける窒素欠乏応答転写因子 MYB1 の活性化調節機構、第61回日本植物生理学会年会、大阪大学、口頭発表、2020年3月20日(コロナウィルスのため非開催)
 
Imran Pancha,島弘季,東谷なほ子,五十嵐和彦,東谷篤志,田中寛,○今村壮輔:単細胞紅藻シゾンにおけるスターチ蓄積を調節する新規機構の解明、第61回日本植物生理学会年会、大阪大学、口頭発表、2020年3月20日(コロナウィルスのため非開催)
 
◯Kaumeel Choksi, Kan Tanaka, Sousuke Imamura: Characterization of Target of Rapamycin (TOR) Complex in the Unicellular Red Alga.  The 61th JSPP annual meeting, Osaka univ., poster, 2020/3/20. (Withheld due to coronavirus)
 
○竹村時空,今村壮輔,田中寛:単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolaeにおいて ACRドメインリピートタンパク質 CmACR は窒素同化を 担うGS/GOGAT サイクルを統合する、61回日本植物生理学会年会、大阪大学、ポスター、2020年3月19日(コロナウィルスのため非開催)
 
ーーー
○安西 拓実、今村 壮輔、石浜 明、島田 友裕:大腸菌におけるピルビン酸応答転写因子 PdhR による ゲノム転写制御ネットワークの解明、第14回日本ゲノム微生物学会年会、名古屋、2020年3月6日(ポスター)(コロナウィルスのため非開催)
 
ーーー
○Sousuke Imamura: Nitrogen-dependent regulation in the unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae. Invited talk. Institute of Plant Biochemistry Seminar. September 24, 2019, Heinrich Heine University Düsseldorf, Germany.
 
○Sousuke Imamura: Underlying Regulatory Mechanism of Oil and Starch Accumulation in Microalgae to Enhance Its Biofuel Potential.  Invited talk.
Fuel Science Center Seminar. October 15, 2019, RWTH Aachen University, Germany.   

 
○Sousuke Imamura:  Underlying molecular mechanisms of oil and starch accumulation in microalgae to enhance its biofuel potential.  Invited talk. ASEAN Bioenergy and Bioeconomy Conference 2019:  June 6, 2019, Bangkok International Trade and Exhibition Centre, Thailand.
 

その他の研究会

 
◯中澤昂太、太刀川智之、島田友裕、田中寛:大腸菌エネルギー獲得代謝におけるピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体(PDHc)の役割:第18回微生物研究会・ポスター、立教大学、2019年11月9日
 
◯北川美也子、小林勇気、吉川瞳子、大原ひかる、華岡光正、今村壮輔、田中寛:単細胞紅藻Cyanidioshyzon merolaeの光転写活性化におけるCul4複合体の機能解析:第18回微生物研究会・ポスター、立教大学、2019年11月9日
 
◯Nachiketa Bairagi, Satoru Watanabe, Kan Tanaka:Two conserved histidine kinases, Hik2 and Hik34, regulate the heat shock response by separate mechanism in a cyanobacterium Synechococcus elongatus PCC 7942.:第18回微生物研究会・ポスター、立教大学、2019年11月9日
 
◯小張裕太、Nachiketa Bairagi、渡辺智、今村壮輔、田中寛:シアノバクテリア Synechococcus elongatus PCC 7942 の生育に必須なヒスチジンキナーゼHik2の熱ショック感知機構解析:第18回微生物研究会・ポスター、立教大学、2019年11月9日
 
◯今満仁美、田中寛:シアノバクテリア Synechococcus elongatus PCC7942におけるpmgA関連遺伝子群の機能解析:第18回微生物研究会・ポスター、立教大学、2019年11月9日
 
〇池田明仁、周柏峰、田中寛、今村壮輔:コールドストレス応答における窒素欠乏応答性転写因子MYB1の機能解明:第18回微生物研究会・ポスター、立教大学、2019年11月9日
 
〇周柏峰、田中寛、今村壮輔:Activation mechanism of the nitrogen depletion responsive transcription factor MYB1 in the unicellular red algae Cyanidioschyzon merolae:第18回微生物研究会・ポスター、立教大学、2019年11月9日
 
〇安田鱗太郎、清水隆之、島田友裕、田中寛、増田建、渡辺智(東京農業大学):単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolaeにおけるヘム結合タンパク質のプロテオーム解析:第18回微生物研究会・ポスター、立教大学、2019年11月9日
 
〇伊南大地、徳山城永、小堀奈美、秋元勇輝、田中寛、華岡光正(千葉大学):シアノバクテリア S. elongatus PCC7942の高振幅シグマ因子群による時間特異的な転写制御:第18回微生物研究会・ポスター、立教大学、2019年11月9日
 
○今村 壮輔:次世代を担うバイオ燃料:藻類を用いたオイル生産: 国立大学附置研究所・センター会議(JCRIC) × ナレッジキャピタル 日本の研究、最前線: グランフロント大阪、2019年4月15日
 

学会

○田中寛、太刀川智之、丹羽達也、田口英樹、齊藤菜摘、島田友裕:大腸菌の炭素源シフトにおけるオーバーフロー代謝の役割: 日本農芸化学会2019年度東京大会・口頭発表:東京農業大学、2019年3月24日
 
福田智、平澤英里、竹村時空、高橋颯太、チョクシカウミール、パンチャイムラン、田中寛、○今村壮輔:小胞体局在型グリセロール3りん酸アシル基転移酵素の過剰発現による藻類オイル生産性の飛躍的向上: 日本農芸化学会2019年度東京大会・口頭発表+ポスター発表選出:東京農業大学、2019年3月24日
 
○竹村時空、今村壮輔、田中寛:単細胞紅藻Cyanidioschyzon merolaeにおける葉緑体局在脂肪酸輸送体CmFAX1の同定とその応用: 日本農芸化学会2019年度東京大会・口頭発表:東京農業大学、2019年3月24日
 
○井出曜子、早川准平、吉満勇也、糠塚明、小松さと子、今村壮輔、原山重明:ゲノム編集技術を用いた多重遺伝子破壊による単細胞緑藻(Coccomyxa)の油脂生産性改良: 日本農芸化学会2019年度東京大会・口頭発表+ポスター発表選出:東京農業大学、2019年3月26日
 
○榊渓、大石恵太、清水哲、小林一幾、富田武郎、田中寛、葛山智久、西山真:シアノバクテリアのビオチン生合成経路に見出された新規脱水素酵素の機能と構造に関する研究:日本農芸化学会2019年度東京大会・口頭発表+ポスター発表選出:東京農業大学、2019年3月26日
 
ーーーー
◯Yoko Ide, Jumpei Hayakawa, Yuya Yoshimitsu, Satoko Komatsu, Shuua Tagiri, Hiyori Fukahori, Sousuke Imamura, Shigeaki Harayama: A forward genetics-based genome editing of a green alga Coccomyxa improved its oil productivity. Oral presentation.  第60回日本植物生理学会年会: 名古屋大学、2019年3月14日
 
○Sanghun Baek, Yukari Asakura, Gaku Fujii, Sousuke Imamura, Kan Tanaka, Masato Nakai: Characterization of chloroplast protein import in red alga Cyanidioschyzon merolae. Poster presentation. 第60回日本植物生理学会年会: 名古屋大学、2019年3月13-14日
 
○中山南、坂本卓也、松永朋子、北川美也子、田中寛、竹村時空、鈴木孝征、松永幸大: 原始紅藻Cyanidioschyzon merolaeにおける染色体構造とエピジェネティクスによる遺伝子発現制御: 第60回日本植物生理学会年会・ポスター: 名古屋大学、2019年3月13-14日
 
○長谷川葉月、鶴巻達大、小林一幾、今村壮輔、田中寛: シアノバクテリアSynechococcus elongatus PCC 7942における主要シグマ因子結合タンパク質の機能解析: 第60回日本植物生理学会年会・ポスター: 名古屋大学、2019年3月13-14日
 
○竹村時空、今村壮輔、田中寛: 単細胞紅藻Cyanidioschyzon merolaeにおけるグルタミン結合ドメインリピートタンパク質CmACRの機能解析: 第60回日本植物生理学会年会・ポスター: 名古屋大学、2019年3月13-14日
 
○Sousuke Imamura, Yuhta Nomura, Tokiaki Takemura, Imran Pancha, Keiko Taki, Kazuki Toguchi, Yuzuru Tozawa, Kan Tanaka: The checkpoint kinase TOR modulates chloroplast ribosomal RNA synthesis through expression of a nuclear-encoded chloroplast RelA-SpoT homolog (RSH) in a unicellular red alga. Oral presentation. 第60回日本植物生理学会年会: 名古屋大学、2019年3月13日
 
ーーーー
○長谷川葉月、鶴巻達大、小林一幾、今村壮輔、田中寛: シアノバクテリアにおける主要シグマ因子結合タンパク質と熱耐性: 第13回 日本ゲノム微生物学会年会・ポスター: 首都大学東京(南大沢キャンパス)、2019年3月6-8日
 
○太刀川智之、島田友裕、丹羽達也、田口英樹、田中寛: 大腸菌エネルギー代謝遷移におけるPDH量のコントロールとPdhRの役割: 第13回 日本ゲノム微生物学会年会・ポスター: 首都大学東京(南大沢キャンパス)、2019年3月6-8日
 
ーーーー
○Sousuke Imamura: Underlying Regulatory Mechanism of Oil Accumulation in Microalgae to Enhance Its Biofuel Potential. Invited talk. The 3rd Tokyo Tech-KAIST Joint Workshop:  January 21, 2019, Yokohama, Tokyo Institute of Technology, Japan
 
ーーーー
○田中寛: 大腸菌の炭素源シフトにおけるオーバフロー代謝の役割: 第41回日本分子生物学会年会・ワークショップ「微生物の増殖とふるまいの複雑性:多様なモデル微生物系から到達する新たな理解」、招待講演、パシフィコ横浜、2018年11月29日
 
伊南大地、徳山城永、小堀奈美、秋元勇輝、田中寛、○華岡光正: シアノバクテリアの高振幅シグマ因子群による概日時計に依存した転写制御: 第41回日本分子生物学会年会・ポスター、パシフィコ横浜、2018年11月28日
 
ーーーー
○Kan Tanaka: Abscisic Acid Signaling in a Unicellular Red Alga. Invited talk. 6th Plant Dormancy Symposium 2018: Oct 26 (in 23-26), 2018, Kyoto Terrsa, Kyoto, Japan.
 
ーーーー
○Sousuke Imamura: Underlying Regulatory Mechanism of Oil Accumulation in Microalgae to Enhance Its Biofuel Potential. Invited talk. The 1st Joint Symposium on Bio-Based Research between Tokyo Institute of Technology & Kasetsart University: Oct 22 (in 21-22), 2018, KAPI, Kasetsart University, Thailand.
 
○Kan Tanaka: Abscisic Acid Signaling in a Unicellular Red Alga. Invited talk. The 1st Joint Symposium on Bio-Based Research between Tokyo Institute of Technology & Kasetsart University: Oct 22 (in 21-22), 2018, KAPI, Kasetsart University, Thailand.
 
ーーーー
○Kan Tanaka: Chloroplast transcription and the regulation in C. merolae. Invited talk. International Symposium "Cyanidioschyzon merolae as an arising model for unicellular eukaryotes": Oct 8 (in 8-9), 2018, Freie Universitat Berlin, Germany.
 
ーーーー
○Tatsuhiro Tsurumaki: Analysis of photosynthesis and photoinhibition gated by intracellular circadian rhythm in a cyanobacterium Synechococcus elongatus PCC 7942: Poster. Japan-Finland Seminar 2018, Shaping photosynthesis against climate change and toward efficient water and nutrient management: Sept 26 (in 24-27), 2018, Kobe, Japan.
 
○Kan Tanaka: Information processing from light to gene expression in cyanobacteria: Invited talk. Japan-Finland Seminar 2018, Shaping photosynthesis against climate change and toward efficient water and nutrient management: Sept 26 (in 24-27), 2018, Kobe, Japan.
 
ーーーー
○八木沢芙美、藤原崇之、竹村時空、小林勇気、宮城島進也、中村宗一、田中寛、黒岩晴子、黒岩常祥: 単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolae の細胞質分裂におけるESCRTの役割: 日本植物学会第82回大会・ポスター、広島国際会議場、2018年9月14-16日
 
ーーーー
○今村壮輔: TORによる細胞質と葉緑体のリボソーム合成の共役機構: 蛋白質研セミナー、TORを介した細胞成長制御の統合的理解、招待講演、大阪大学、2018年6月29日
 
ーーーー
○Imran Pancha, Hiroki Shima, Nahoko Higashitani, Kazuhiko Igarashi, Atsushi Higashitani, Kan Tanaka and Sousuke Imamura: Target of rapamycin (TOR) plays a critical role in carbon allocation in the unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae. Poster. EMBO Workshop: Target of rapamycin (TOR) signaling in photosynthetic organisms. May 16, 2018,  Bischoffsheim, France.
 
○Sousuke Imamura, Yuhta Nomura, Tokiaki Takemura, Imran Pancha, Keiko Taki, Kazuki Toguchi, Yuzuru Tozawa and Kan Tanaka: The checkpoint kinase TOR modulates chloroplast ribosomal RNA synthesis through expression of a nuclear-encoded chloroplast RelA-SpoT homolog (RSH) in a unicellular red alga. Oral Presentation. EMBO Workshop: Target of rapamycin (TOR) signaling in photosynthetic organisms. May 18, 2018,  Bischoffsheim, France.

 

その他の研究会

 ○田中寛: 大腸菌代謝ステート遷移に学ぶ代謝フラックス制御のツボ:第33回バイオテクノロジー懇談会(応微研奨励会)、招待講演、東大農学部、2019年2月18日
 
○今村壮輔: 藻類オイル生合成制御の理解とその応用:JACI戦略提言部会勉強会、招待講演、新化学技術推進協会、2019年1月28日
 
○周柏峰、島弘季、五十嵐和彦、田中寛、今村壮輔: 単細胞紅藻シゾンにおける窒素欠乏応答転写因子 MYB1 の活性化調節機構: 第17回微生物研究会・ポスター、法政大学(市ヶ谷)、2018年11月17日
 
○竹村時空、今村壮輔、田中寛: 単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolae における葉緑体脂肪酸トランスポーターCmFAX1 の同定と機能解析: 第17回微生物研究会・ポスター、法政大学(市ヶ谷)、2018年11月17日
 
○鶴巻達大、田中寛: 概日時計による光合成と光環境応答の調節: 第17回微生物研究会・ポスター、法政大学(市ヶ谷)、2018年11月17日
 
○長谷川葉月、小林一幾、今村壮輔、田中寛: シアノバクテリア Synechococcus elongatus PCC 7942 における主要シグマ因子結合因子の機能解析: 第17回微生物研究会・ポスター、法政大学(市ヶ谷)、2018年11月17日
 
○Nachiketa Bairagi、Kan Tanaka: Study of a highly conserved two-component module for heat and PQ redox sensing in Synechococcus elongatus PCC 7942: 第17回微生物研究会・ポスター、法政大学(市ヶ谷)、2018年11月17日
 
○太刀川智之、島田友裕、田中寛: 大腸菌におけるグルコース後代謝切替えの酢酸オーバフロー代謝の役割: 第17回微生物研究会・ポスター、法政大学(市ヶ谷)、2018年11月17日
 
 
 
 

学会

○竹村時空、今村壮輔、小林勇気、田中寛: 単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolae におけるACTドメインリピートタンパク質(ACR)の機能解析:Oral presentation, The 59th annual meeting of the Japanese Society of Plant Physiologists. March 28, 2018, Sapporo Convention Center.
 
○Imran Pancha, Hiroki Shima, Nahoko Higashitani, Kazuhiko Igarashi, Atsushi Higashitani, Kan Tanaka and Sousuke Imamura: Target of rapamycin (TOR) is a major signalling pathway that regulate starch accumulation in the unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae. Oral presentation, The 59th annual meeting of the Japanese Society of Plant Physiologists. March 28, 2018, Sapporo Convention Center.
 
○Yuki Kobayashi and Kan Tanaka: Development of PCR based transient transformation system in Cyanidioschyzon merolae. Poster, The 59th annual meeting of the Japanese Society of Plant Physiologists. March 28-30, 2018, Sapporo Convention Center.
 
○Tatsuhiro Tsurumaki and Kan Tanaka: Physiological analysis of high light response gated by circadian clock in cyanobacterium Synechococcus elongatus PCC 7942. Poster, The 59th annual meeting of the Japanese Society of Plant Physiologists. March 28-30, 2018, Sapporo Convention Center.
 
ーーーー
○田中寛: 大腸菌におけるエネルギー獲得代謝の遷移機構: 日本農芸化学会2018年度大会・シンポジウム「微生物および代謝のフロンティア研究」、招待、名城大学、2018年3月18日
 
○高橋颯太、瀧景子、河瀬泰子、福田智、田中寛、今村壮輔: 単細胞紅藻Cyanidioschyzon merolaeにおけるトリアシルグリセロール生合成に関わる遺伝子の発現制御メカニズムの解析: 日本農芸化学会2018年度大会・口頭、名城大学、2018年3月16日
 
○福田智、平澤英里、田中寛、今村壮輔: 単細胞紅藻シゾンにおけるグリセロール−3–リン酸アシルトランスフェラーぜ過剰発現によるトリアシルグリセロール蓄積機構の解析: 日本農芸化学会2018年度大会・口頭、名城大学、2018年3月16日
 
○榊渓、大石恵太、清水哲、小林一幾、富田武郎、田中寛、葛山智久、西山真: シアノバクテリアのビオチン生合成における新規なタイプの脱水素酵素の発見と機能解析: 日本農芸化学会2018年度大会・口頭、名城大学、2018年3月16日
 
ーーーー
○田中寛: 転写制御因子から生理学への長い道のり: 藍藻の分子生物学 2017・招待講演、かずさアカデミアホール、2017年12月2日
 
○鶴巻達大: Synechococcus elongatus PCC 7942 における生物時計を介した強光応答の生理学的解析: 藍藻の分子生物学 2017・ポスター、かずさアカデミアホール、2017年12月1日ー2日
 
○ Nachiketa Bairagi:  Dissecting Hik2, Hik34 and NblS-dependent stress response pathways in a cyanobacterium Synechococcus elongatus 7942: 藍藻の分子生物学 2017・ポスター、かずさアカデミアホール、2017年12月1日ー2日
 
○Imran Pancha, Kan Tanaka, and Sousuke Imamura: Biochemical and genetic engineering strategies to improve the starch productivity in microalgae. 14th Young researchers seminar of Japanese society of photosynthesis research invited oral presentation, Saitama University, November 11, 2017.
 
○Sousuke Imamura, Tomohiro Wakasugi, Keiko Taki, and Kan Tanaka: Construction of a rapamycin-susceptible strain of the unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae for analysis of target of rapamycin (TOR) function. Poster, Taiwan-Japan Plant Biology 2017, Academia Sinica, Taipei, Taiwan, November 4, 2017.
 
○Kan Tanaka: Modulation of pyruvate dehydrogenase (PDH) activity that underlies the metabolic state transition in Escherichia coli: National University of Singapore-University of Tokyo-Tokyo Institute of Technology, Joint Symposium on Food Microbiology and Fermentation. Invited Oral presentation, National University of Singapore, July 15, 2017.
 
○Sho Yamaguchi, Yuuki Kawada, Hidetaka Yuge, Kan Tanaka, Sousuke Imamura: Homogeneous Sn-Catalyzed Transformation of Algal Residue into Important Chemicals: 16th Korea-Japan Symposium on Catalysis & 3rd International Symposium of Institute for Catalysis. Oral presentation, Kaderu 27, Hokkaido Citizened Achives Center, May 16, 2017.
 
 

その他の研究会

○Tatsuhiro Tsurumaki, Kan Tanaka: Physiological analysis of high light response gated by circadian clock in a cyanobacterium Synechococcus elongatus PCC 7942. CLS, Tokyo Tech. International Forum 2018, Redox regulation of protein functions, transcription, translation and folding. Poster presentation, Tokyo Tech Campus Innovation Center, March 4-5, 2018.
 
○Yuki Kobayashi, Kan Tanaka: Analysis of ABA signal transduction mechanism in unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae. CLS, Tokyo Tech. International Forum 2018, Redox regulation of protein functions, transcription, translation and folding. Poster presentation, Tokyo Tech Campus Innovation Center, March 4-5, 2018.
 
○Tokiaki Takemura, Yuki Kobayashi, Sousuke Imamura, Kan Tanaka: Functional analysis of the unique ACT domain repeat protein (ACR) in a red alga Cyanidioschyzon merolae. CLS, Tokyo Tech. International Forum 2018, Redox regulation of protein functions, transcription, translation and folding. Poster presentation, Tokyo Tech Campus Innovation Center, March 4-5, 2018.
 
○竹村時空、今村壮輔、田中寛: C. merolaeにおける ACT-domain-repeat protein の機能解析: 第16回微生物研究会・ポスター、東工大(すずかけ台)、2017年11月18日
 
○高橋颯太、瀧景子、田中寛、今村壮輔: 単細胞紅藻シゾンにおける 合成を制御する転写因子 の同定と機能解析: 第16回微生物研究会・ポスター、東工大(すずかけ台)、2017年11月18日
 
○周柏峰、神崎陸、田中寛、今村壮輔: Functional analysis of a type-2 protein phosphatase under nitrogen depletion condition in a unicellular red alga yanidioschyzon merolae: 第16回微生物研究会・ポスター、東工大(すずかけ台)、2017年11月18日
 
○ Imran Pancha, Hiroki Shima, Nahoko Higashitani, Kazuhiko Igarashi, Atsushi Higashitani, Kan Tanaka, Sousuke Imamura:  Target of rapamycin (TOR) a major signalling pathway that regulate starch accumulation in the unicellular microalga Cynidioschyzon merolae: 第16回微生物研究会・ポスター、東工大(すずかけ台)、2017年11月18日
 
○福田智、平澤英里、田中寛、今村壮輔: 単細胞紅藻シゾンにおけるグリセロール-3-リン酸アシルト ランスフェラーゼ過剰発現によるトリアシルグリセロール蓄積機構の解析: 第16回微生物研究会・ポスター、東工大(すずかけ台)、2017年11月18日
 
○ Nachiketa Bairagi and Kan Tanaka:  Dissecting Hik2-dependent and NblS-dependent stress response pathways in a cyanobacterium Synechococcus elongatus 7942: 第16回微生物研究会・ポスター、東工大(すずかけ台)、2017年11月18日
 
○片野貴章、雪竹健太郎、 髙橋広夫、恵良厚子、宮城島進也、今村壮輔、田中寛、華岡光正: 単細胞紅藻 C. merolaeにおける概日時計とオルガネラ機能 の相互作用: 第16回微生物研究会・ポスター、東工大(すずかけ台)、2017年11月18日
 
 ーーーー
○田中 寛: 大腸菌エネルギー獲得代謝の枠組みを探る:平成29年度遺伝研研究会、細菌の構造と代謝の根幹解析研究会〜大規模ゲノム交換による微生物育種〜・Invited、遺伝研(三島)、2017年10月20日
 
○鶴巻達大: 明反応系のストレス応答と生物時計:平成29年度遺伝研研究会、細菌の構造と代謝の根幹解析研究会〜大規模ゲノム交換による微生物育種〜・Short Talk、遺伝研(三島)、2017年10月20日
 
○竹村時空: C. merolaeにおけるACR11-like proteinの機能解析:平成29年度遺伝研研究会、細菌の構造と代謝の根幹解析研究会〜大規模ゲノム交換による微生物育種〜・Short Talk、遺伝研(三島)、2017年10月20日
 
○山根さやか: 大腸菌エネルギー代謝ステート遷移におけるPtaの役割:平成29年度遺伝研研究会、細菌の構造と代謝の根幹解析研究会〜大規模ゲノム交換による微生物育種〜・Short Talk、遺伝研(三島)、2017年10月20日
 
○太刀川智之: 古典的ジオキシーとエネルギー代謝ステート遷移:平成29年度遺伝研研究会、細菌の構造と代謝の根幹解析研究会〜大規模ゲノム交換による微生物育種〜・Short Talk、遺伝研(三島)、2017年10月20日
 
○竹村時空: 単細胞紅藻Cyanidioschyzon merolaeにおける生体内物質再利用機構の解明に関する研究:第6回エンドメンブレンミーティング(JANPER2017)・Oral、自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター、2017年9月26日
 
○今村壮輔: 藻類における窒素欠乏応答機構の解明とその応用:第3回 植物の栄養研究会・Invited、東京工業大学すずかけ台キャンパス、2017年9月1日
 
○田中 寛: 葉緑体氏の優雅なオルガネラ生活:分子・物質合成プラットフォームセミナー「すぐには役立たない!?研究講座〜自然の力でものづくり〜」・Invited、JST東京本部別館、2017年6月2日
 
 
 
 

学会

○杉本良太、斎藤菜摘、島田友裕、田中寛: 大腸菌におけるピリドキサール-5-リン酸の恒常性における脱リン酸化酵素 YbhA の役割: 日本農芸化学会2017年度大会・Oral、京都女子大学、2017年3月18日
 
赤沼元気、澤田真帆、多賀名智明、島田友裕、田中寛、大坂夏木、吉川博文、河村富士夫、山田康之: 枯草菌 FoF1 ATP 合成酵素活性調節の生理的意義の解明: 日本農芸化学会2017年度大会・Oral、京都女子大学、2017年3月19日
 
○島田友裕、田中寛: 大腸菌におけるエネルギー代謝の切り替え機構: 日本農芸化学会2017年度大会・Oral、京都女子大学、2017年3月20日
 
大石恵太、清水 哲、小林一幾、富田武郎、田中 寛、葛山智久、西山 真: 好塩性古細菌およびシアノバクテリアに保存された新規 ビオチン生合成酵素の機能解析: 日本農芸化学会2017年度大会・Oral、京都女子大学、2017年3月20日
 ーーー
 
○鶴巻達大、田中寛: シアノバクテリア Synechococcus elongatus PCC 7942における強光応答の生物時計依存的な調節: 第58回 日本植物生理学会年会・ORAL、 鹿児島大学(郡元キャンパス)、2017年3月16日
 
○大原ひかる、安藤洸幸、小林勇気、今村壮輔、田中寛、五十嵐雅之、内海龍太郎、華岡光正: 単細胞紅藻 C. merolae のレトログレードシグナルに依存した転写制御: 第58回 日本植物生理学会年会・ORAL、 鹿児島大学(郡元キャンパス)、2017年3月16日
 
○Awasthi Saumya, Tomohiro Shimada, Kan Tanaka, Nobuyoshi Mochizuki, Tatsuru Masuda: Biochemical characterization of tetrapyrrole binding pentatricopeptide-repeat (PPR) proteins in plastids: 第58回 日本植物生理学会年会・ORAL、 鹿児島大学(郡元キャンパス)、2017年3月16日
 
○瀧景子、曾根俊之、墨谷暢子、神崎陸、宮城島進也、今村壮輔、田中寛: タイリングアレイによる原始紅藻シゾンの窒素応答転写因子CmMYB1の転写ターゲットの網羅的解析: 第58回 日本植物生理学会年会・ORAL、 鹿児島大学(郡元キャンパス)、2017年3月17日
 
○小林勇気、田中寛: 紅藻 Cyanidioschyzon merolaeにおけるABAシグナル伝達の解析: 第58回 日本植物生理学会年会・ポスター 鹿児島大学(郡元キャンパス)、2017年3月18日
 
○竹村時空、小林勇気、今村壮輔、田中寛: 単細胞紅藻Cyanidioschyzon merolaeにおける多重遺伝子変異系の開発: 第58回 日本植物生理学会年会・ポスター 鹿児島大学(郡元キャンパス)、2017年3月18日
ーーー
 
○田中寛: 大腸菌をモデルとしたエネルギー獲得代謝の切替え機構の解析: 第11回 日本ゲノム微生物学会年会・シンポジウム「微生物と代謝のフロンティア研究」・Invited: 慶應義塾大学(湘南藤沢キャンパス)、 Invited. 2017年3月4日
 
○吉川瞳子、小林勇気、瀧景子、今村壮輔、田中寛: 単細胞紅藻シゾンにおける核遺伝子の光転写活性化機構の解析: 第11回 日本ゲノム微生物学会年会・ポスター: 慶應義塾大学(湘南藤沢キャンパス)、 2017年3月3日ー4日
 
○川上賢佑、島田友裕、田中寛: 大腸菌における低濃度翻訳阻害剤が引き起こす低温応答性遺伝子群の発現制御機構: 第11回 日本ゲノム微生物学会年会・ポスター: 慶應義塾大学(湘南藤沢キャンパス)、 2017年3月3日ー4日
 
大沼みお, 藤原崇之, 井元祐太, 黒岩晴子, 宮城島 進也, 田中寛, 黒岩常祥:単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolae の構成的プラ スミドと抗生物質耐性マーカーの開発:日本植物学会第80回大会・ポスター:沖縄コンベンションセンター、2016年9月16日−19日
 
Ikki Kobayashi, Tatsuhiro Tsurumaki, Rumi Suzuki and ◯Kan Tanaka: Conserved Transcriptional Framework for Light Acclimation Processes: From Cyanobacteria to Chloroplasts: Finnish-Japanese Symposium 2016. Lapland Hotel Riekonlinna, Saariselka, Finland. Invited. September 8, 2016.
 
◯Tatsuhiro Tsurumaki and Kan Tanaka: Conserved response regulators, RpaA and RpaB, coordinate circadian clock and high light response in cyanobacteria: Finnish-Japanese Symposium 2016. Lapland Hotel Riekonlinna, Saariselka, Finland. Oral. September 8, 2016.
 
田中 寛:シアノバクテリアから葉緑体へ:共生進化を光環境応答から見る :日本進化学会第18回東京大会・シンポジウムS6:植物の進化・Invited, 2016年8月26日、東京工業大学(大岡山)
 
◯鶴巻達大、田中 寛:シアノバクテリアSynechococcus elongatus PCC 7942における生物時計と強光応答の関係性(poster). 第7回日本光合成学会年会、2016年5月27-28日、東京理科大学(葛飾キャンパス)
 
 

その他の研究会

○今村壮輔: 細胞質とオルガネラのリボソームRNA合成の協調機構: 大阪大学 蛋白質研究所セミナー「真核生物のオルガネラ研究最前線」・ Invited、大阪大学吹田キャンパス、2017年3月22日
 
○田中寛、小林勇気: 共生による細胞進化:別個のオシレーションは如何に共役したか?: 大阪大学 蛋白質研究所セミナー「真核生物のオルガネラ研究最前線」・ Invited、大阪大学吹田キャンパス、2017年3月22日
 
○今村壮輔:藻類油脂生合成のチェックポイントキナーゼTOR:その発見と応用、光合成科学:エネルギーとバイオマス、東京工業大学(横浜)、2017.01.28
 
○瀧景子:シゾンゲノミクス研究基盤の整備と現状、光合成科学:エネルギーとバイオマス、東京工業大学(横浜)、2017.01.28
 
杉本良太、島田友裕、田中寛:Role of pyridoxal phosphate phosphatase YbhA in vitamine B6 homeostasis in Escherichia coli:第15回微生物研究会、日本大学(藤沢)、2016.11.05
 
鶴巻達大、田中 寛:シアノバクテリア Synechococcus elongatus PCC 7942 における生物時計と強光応答の関連性:第15回微生物研究会、日本大学(藤沢)、2016.11.05
 
石紘太郎、田中 寛:Synechococcus elongatus PCC 7942 で見出された2種カルビン回路酵素調節タンパク質CP12の相補的な発現:第15回微生物研究会、日本大学(藤沢)、2016.11.05
 
小林一幾、田中 寛:Roles of the conserved essential response regulator Rre1 in stress responsive transcriptional regulation in cyanobacteria:第15回微生物研究会、日本大学(藤沢)、2016.11.05
 
竹村時空、小林勇気、田中寛:Cyanidioschyzon merolaeにおける多重遺伝子変異導入系の開発:第15回微生物研究会、日本大学(藤沢)、2016.11.05
 
渡口和樹、渡辺智、瀧 景子、田中 寛、今村壮輔:単細胞紅藻シゾンにおけるTORキナーゼによるE2Fのリン酸化の生理的意義の解析:第15回微生物研究会、日本大学(藤沢)、2016.11.05
 
片野貴章、雪竹健太郎、恵良厚子、宮城島進也、今村壮輔、田中 寛、華岡光正:単細胞紅藻C. merolaeの概日時計におけるオルガネラへの情報伝達の解析:第15回微生物研究会、日本大学(藤沢)、2016.11.05
 
大原ひかる、安藤光幸、小林勇気、今村壮輔、田中 寛、恵良厚子、宮城島進也、五十嵐雅之、内海龍太郎、華岡光正:単細胞紅藻C. merolaeの葉緑体から核への光シグナル伝達機構の解析:第15回微生物研究会、日本大学(藤沢)、2016.11.05
 
 
 
 

 

 


 
 
 

学会

島田友裕、田中寛:大腸菌におけるエネルギー代謝の切り替え機構(poster):日本農芸化学会平成28年度大会、2016328日、札幌コンベンションセンター(札幌)
 
鷹巣全希、島田友裕、田中寛:大腸菌新規リボゾーム結合タンパク質ElaBにおけるN末端セリンアセチル化修飾の同定と解析(poster):日本農芸化学会平成28年度大会、2016328日、札幌コンベンションセンター(札幌)
 
大石恵太、清水哲、小林一幾、富田武郎、田中寛、葛山智久、西山真:好塩性古細菌およびシアノバクテリアに保存された新規ビオチン生合成酵素の機能解析(poster):日本農芸化学会平成28年度大会、2016329日、札幌コンベンションセンター(札幌)
 
河瀬泰子、今村壮輔、田中寛:単細胞紅藻類において暗誘導されるR1MYB転写因子MYB2の機能解析(poster):第57回 日本植物生理学会年会、2016320日、岩手大学上田キャンパス(盛岡)
 
竹村時空、小林勇気、瀧景子、今村壮輔、田中寛:単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolaeにおける窒素欠乏応答低分子量GタンパクCmRAB5の機能解析(poster):第57回 日本植物生理学会年会、2016320日、岩手大学上田キャンパス(盛岡)
 
植木紀子、井出隆広、小林勇気、田中寛、久堀徹、若林憲一:クラミドモナス走光性における細胞レンズ効果の影響と眼点の役割(oral):第57回 日本植物生理学会年会、2016319日、岩手大学上田キャンパス(盛岡)
 
片野貴章、雪竹健太郎、恵良厚子、宮城島進也、藤井岳、今村壮輔、田中寛、華岡光正:単細胞紅藻シゾンの概日時計応答に関する細胞内シグナル伝達の解析(oral):第57回 日本植物生理学会年会、2016318日、岩手大学上田キャンパス(盛岡)
 
小倉駿佑、安藤洸幸、佐藤大地、渡辺智、藤井岳、今村壮輔、田中寛、五十嵐雅之、内海龍太郎、華岡光正:単細胞紅藻シゾンの葉緑体光応答に関するCmHIKの機能解析(oral):第57回 日本植物生理学会年会、2016318日、岩手大学上田キャンパス(盛岡)
 
大原ひかる、安藤洸幸、恵良厚子、宮城島進也、五十嵐雅之、内海龍太郎、田中寛、華岡光正:単細胞紅藻シゾンにおける葉緑体から核への光情報伝達(oral):第57回 日本植物生理学会年会、2016318日、岩手大学上田キャンパス(盛岡)
 
今村壮輔、河瀬泰子、小林一幾、曾根俊之、恵良厚子、宮城島進也、下嶋美恵、太田啓之、田中寛:微細藻類においてトリアシルグリセロール合成を制御するTORキナーゼ(oral):第57回 日本植物生理学会年会、2016318日、岩手大学上田キャンパス(盛岡)
 
平澤英里、田中 寛、今村壮輔:単細胞紅藻Cyanidioschyzon merolaeのトリアシルグリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼの機能解析(oral):第57回 日本植物生理学会年会、2016318日、岩手大学上田キャンパス(盛岡)
 
小林勇気、安藤洸幸、華岡光正、田中寛:単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolaeにおけるABAの機能(poster):第57回 日本植物生理学会年会、2016318日、岩手大学上田キャンパス(盛岡)
 
小林一幾、田中寛:シアノバクテリアに普遍的なレスポンスレギュレーターRre1の機能解析(poster & short talk):第10回 日本ゲノム微生物学会年会、201634-5日、東京工業大学(大岡山)
 
鶴巻達大、田中寛:シアノバクテリアSynechococcus elongatus PCC 7942における生物時計と強光応答の関連性(poster & short talk):第10回 日本ゲノム微生物学会年会、201634-5日、東京工業大学(大岡山)
 
杉本良太、島田友裕、田中寛:大腸菌のアミノ酸代謝切替におけるVitamine B6の役割(poster & short talk):第10回 日本ゲノム微生物学会年会、201634-5日、東京工業大学(大岡山)
 
◯Nobuko Sumiya, Yasuko Kawase, Jumpei Hayakawa, Mami Matsuda, Mami Nakamura, Atsuko Era, Kan Tanaka, Akihiko Kondo, Tomohisa Hasunuma, Sousuke Imamura and Shin-ya Miyagishima: Expression of cyanobacterial acyl-ACP reductase elevates the triacylglycerol level in the red alga Cyanidioschyzon merolae (poster): 6th International Singapore Lipid Symposium/6th Asian Symposium on Plant LipidsSLING, National University of SingaporeDec 3-4, 2015
 
◯Sousuke Imamura, Yasuko Kawase, Ikki Kobayashi, Toshiyuki Sone, Atsuko Era, Shin-ya Miyagishima, Mie Shimojima, Hiroyuki Ohta and Kan Tanaka: Target of rapamycin (TOR) plays a critical role in triacylglycerol accumulation in microalgae: 6th International Singapore Lipid Symposium/6th Asian Symposium on Plant LipidsSLING, National University of SingaporeDec 3, 2015
 
◯Eri Hirasawa, Kan Tanaka, Sousuke Imamura: Overexpression of glycerol-3-phosphate acyltransferase improves TAG productivity in a unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae (poster): 6th International Singapore Lipid Symposium/6th Asian Symposium on Plant LipidsSLING, National University of SingaporeDec 3-4, 2015
 
瀧景子、曾根俊之、小林勇気、渡辺智、今村壮輔、田中寛:単細胞紅藻Cyanidioschyzon merolae(シゾン)の遺伝子改変ホスト株の分離(poster):第38回 日本分子生物学会年会、2015123日、神戸ポートアイランド
 
島田友裕、斎藤菜摘、田中寛:大腸菌における細胞増殖開始時のリボソームの分解現象:第38回 日本分子生物学会年会、2015123日(ポスター)、4日(口頭)、神戸ポートアイランド
 
小林勇気、安藤洸幸、華岡光正、田中寛:紅藻 Cyanidioschyzon merolae におけるアブシシン酸の機能(poster):第38回 日本分子生物学会年会、2015122日、神戸ポートアイランド
 
◯Sousuke ImamraYoshinori FukunagaYuzuru TozawaKan Tanaka: Regulation of ribosome RNA transcription in a unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae (poster): 2nd International Symposium Matryoshka-type Evolution of Eukaryotic Cells, September 30-October 2, 2015, Tsukuba
 
Yuki Kobayashi◯Kan Tanaka: Abscisic acid signaling in a unicellular red alga
Yamada Symposium, Dynamics and Regulation of PhotosynthesisInvited, October 30, 2015, Nara
 
岩上匡伸、渡辺智、小野智央、島田友裕、田中寛、吉川博文:単細胞紅藻Cyanidioschyzon merolaeにおけるヘム代謝酵素の局在解析:日本植物学会第79回大会、201596-8日、朱鷺メッセ(新潟)
 
◯Ikki KobayashiKan Tanaka: Roles of the conserved response regulator Rre1 in stress-responsive transcription in cyanobacteria (poster): 15th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes, August 2-6, 2015, Tuebingen, Germany
 
◯Kan Tanaka, Gaku Fujii, Tomohiro Shimada, Ikki Kobayashi: Genomic SELEX analysis of the conserved response regulator RpaB binding sites in Synechococcus elongatus PCC 7942 and the evolutional implication for the chloroplast lineages (poster): 15th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes, August 2-6, 2015, Tuebingen, Germany
 
 
 
 

その他の研究会

 
杉本良太、島田友裕、田中寛:大腸菌の代謝経路切替におけるビタミン B6の役割:平成27年度 細菌細胞の増殖と代謝研究会 〜細菌細胞の増殖と分化研究の新展開〜、国立遺伝学研究所、2015.11.7
 
島田友裕、田中 寛:大腸菌の炭素源代謝切り替え機構:平成27年度 細菌細胞の増殖と代謝研究会 〜細菌細胞の増殖と分化研究の新展開〜、国立遺伝学研究所、2015.11.7
 
杉本良太、島田友裕、田中寛:大腸菌の代謝経路切替におけるVitamin B6の役割:第14回微生物研究会、明治大学、2015.10.31
 
鷹巣全希、島田友裕、田中 寛:大腸菌のリボゾーム結合タンパク質ElaBの機能解析:第14回微生物研究会、明治大学、2015.10.31
 
渡口和樹、東谷なほ子、島 弘季、瀧 景子、五十嵐和彦、東谷篤志、田中 寛、今村壮輔:単細胞紅藻シゾンにおけるTORキナーゼの基質タンパク質の探索:第14回微生物研究会、明治大学、2015.10.31
 
◯Yasuko KAWASE, Sousuke IMAMURA, Yu KANESAKI, Kan TANAKA: Functional analysis of a dark-responsive R1-type MYB transcription factor MYB2 in a unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae: 14回微生物研究会、明治大学、2015.10.31
 
竹村時空 小林勇気 瀧 景子 今村壮輔、田中寛:C. merolaeにおける小胞輸送タンパク質Rab5の機能解析:第14回微生物研究会、明治大学、2015.10.31
 
鶴巻達大 田中 寛:シアノバクテリア Synechococcus elongatus PCC 7942 における生物時計同調時強光応答機構の解析:第14回微生物研究会、明治大学、2015.10.31
 
平澤英里、田中 寛、今村壮輔:単細胞紅藻Cyanidioschyzon merolaeにおけるglycerol-3-phosphate acyltransferase遺伝子の過剰発現とそれに伴うTAGの蓄積について:第14回微生物研究会、明治大学、2015.10.31
 
高橋颯太 竹内卓人 田中 寛 今村壮輔:微細藻類のTAG蓄積におけるTORキナーゼの役割:第14回微生物研究会、明治大学、2015.10.31
 
小林一幾, 田中 寛:Roles of the conserved response regulator Rre1 in stress-responsive transcription in cyanobacteria:第14回微生物研究会、明治大学、2015.10.31
 
 
 
 
 

 

 


 
 
 
 

学会

島田友裕、田中寛:大腸菌におけるメタボリックスイッチ制御機構の解明
日本農芸化学会平成27年度大会、2015327日、岡山大学
 
Ikki KobayashiTomohiro Shimada◯Kan Tanaka: Roles of the conserved response regulator Rre1 in stress-responsive transcription in cyanobacteria: The German-Japanese Binational Seminar 2015Harvesting Light: From light to biotechnological products2015.3.22AtamiJapan
 
◯Ikki KobayashiTomohiro ShimadaKan Tanaka: Functional analysis of uncharacterized conserved response regulator Rre1 in Synechococcus elongatus PCC 7942 (poster): The German-Japanese Binational Seminar 2015Harvesting Light: From light to biotechnological products2015.3.24AtamiJapan
 
今村壮輔、田中寛:単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolae におけるTOR (target of rapamycin)の機能解析:第56回日本植物生理学会年会、2015317日、東京農業大学
 
◯Yuki KobayashiHiroyuki AndoMitsumasa HanaokaKan Tanaka: Functional analysis of ABA in red algae (poster): 56回日本植物生理学会年会、2015316日、東京農業大学
 
鈴木紀之、小林勇気、田中寛:紅藻 Cyanidioschyzon merolae の細胞周期制御に関わるMAPKの同定 (poster):第56回日本植物生理学会年会、2015316日、東京農業大学
 
小林一幾、島田友裕、田中寛:Synechococcus elongatus PCC 7942における保存された機能未知レスポンスレギュレーターRre1の機能解析 (poster):第56回日本植物生理学会年会、2015316日、東京農業大学
 
神崎 陸、今村壮輔、田中寛:紅藻シゾンにおける窒素欠乏応答転写因子MYB1の機能解析:第56回日本植物生理学会年会、2015317日、東京農業大学
 
大原ひかる、安藤洸幸、小倉駿佑、藤井岳、今村壮輔、田中寛、恵良厚子、宮城島進也、五十嵐雅之、内海龍太郎、華岡光正:単細胞紅藻シゾンにおける葉緑体に依存した核遺伝子の光誘導転写制御:第56回日本植物生理学会年会、2015316日、東京農業大学
 
阿部 淳、井出 曜子、高木 さつき、今村 壮輔、原山 重明:油脂生産性緑藻 Pseudococcomyxa sp. KJ 株における形質転換と導入遺伝子発現系の開発 (poster):第9回日本ゲノム微生物学会年会、201537日、神戸大学
 
広瀬侑、片山光徳、大坪嘉之、三澤直美、飯岡恵里香、須田亙、大島健志朗、華岡光正、田中寛、浴俊彦、池内昌彦、服部正平:同一淡水湖由来の2種のGeminocystis属シアノバクテリアの補色応答の違い:第9回日本ゲノム微生物学会年会、201537日、神戸大学
 
◯Sousuke Imamura: Regulation of nitrogen assimilation in the unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae: Tokyo Tech-HHU Dusseldorf Joint Symposium on Photosynthesis as a New Chemical ResourceInvited2015.3.4Tokyo Institute of Technology (Tamachi)
 
◯Yuki Kobayashi: Tetrapyrrole signaling in abscisic acid response: Tokyo Tech-HHU Dusseldorf Joint Symposium on Photosynthesis as a New Chemical ResourceInvited2015.3.5Tokyo Institute of Technology (Tamachi)
 
◯Ikki KobayashiTomohiro ShimadaKan Tanaka: Functional analysis of uncharacterized conserved response regulator Rre1 in Synechococcus elongatus PCC 7942 (poster): Tokyo Tech-HHU Dusseldorf Joint Symposium on Photosynthesis as a New Chemical Resource2015.3.4Tokyo Institute of Technology (Tamachi)
 
◯Noriyuki SuzukiYuki KobayashiKan Tanaka: Analysis of MAPK that relates to organelle DNA replication in the red alga Cyanidioschyzon merolae  (poster): Tokyo Tech-HHU Dusseldorf Joint Symposium on Photosynthesis as a New Chemical Resource2015.3.4Tokyo Institute of Technology (Tamachi)
 
◯Takashi KanzakiSousuke ImamuraKan Tanaka: Functional analysis of nitrogen deficiency responsive transcriptional factor MYB1 in the red alga Cyanidioschyzon merolae (poster): Tokyo Tech-HHU Dusseldorf Joint Symposium on Photosynthesis as a New Chemical Resource2015.3.4Tokyo Institute of Technology (Tamachi)
 
◯Gaku FujiiSousuke ImamuraKeisuke TarohraKeisuke YoshidaToru HisaboriMitsumasa HanaokaKan Tanaka: Redox status regulates chloroplast transcription in the red alga Cyanidioschyzon merolae (poster): Tokyo Tech-HHU Dusseldorf Joint Symposium on Photosynthesis as a New Chemical Resource2015.3.4Tokyo Institute of Technology (Tamachi)
 
今村壮輔:単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolae における窒素同化系とその制御:微細藻類研究会2014・招待講演 、20141222日、岡崎コンファランスセンター
 
今村壮輔:藻類バイオ燃料生産に向けた分子生物学的アプローチ:化学工学会 2014年度開発型企業の会・招待講演 、20141212日、東京工業大学(大岡山)
 
安藤洸幸、大原ひかる、小倉駿佑、藤井岳、今村壮輔、田中寛、恵良厚子、宮城島進也、五十嵐雅之、内海龍太郎、華岡光正:単細胞紅藻シゾンにおけるプラスチドシグナルを介した核遺伝子の転写制御:第37回日本分子生物学会年会、20141125-27日、神戸ポートアイランド
 
Yuki Kobayashi◯Kan Tanaka: Abscisic acid signaling in a unicellular red alga: Japanese-Finnish Seminar 2014: Design of Superior Machinery of Light Energy Conversion in Photosynthetic OrganismsInvited2014.10.13Jozankei, Sapporo, Japan
 
◯Rumi SuzukiTaina TyystjarviKan Tanaka: Functional analysis of group 2 sigma factors in Synechococcus elongatus PCC 7942: Japanese-Finnish Seminar 2014: Design of Superior Machinery of Light Energy Conversion in Photosynthetic Organisms2014.10.11Jozankei, Sapporo, Japan
 
安藤洸幸、小倉駿佑、大原ひかる、藤井岳、今村壮輔、田中 寛、五十嵐雅之、内海龍太郎、華岡光正:単細胞紅藻シゾンにおける葉緑体に依存した光応答転写制御 (poster):日本植物学会第78回大会、2014912-14日、明治大学(生田)
 
田中 寛:Bacteria made Organelles made Eukaryotic Cells:極限環境生物学会シンポジウム(「地球生命の誕生と進化」極限環境生物学の挑戦、そしてその先へ)・招待講演、201467日、東京工業大学(大岡山)
 
 
 
 
 
 

 

 
 


 
 
 

学会

田中 寛、島田友裕:大腸菌代謝フローにおけるカスケード制御:日本農芸化学会平成26年度大会シンポジウム(微生物・代謝・触媒研究の最前線:機能解析と応用への展望)・招待講演、2014330日、明治大学(生田)
               
安藤洸幸、小倉駿佑、佐藤大地、藤井 岳、今村壮輔、田中 寛、五十嵐雅之、内海龍太郎、華岡光正:Cyanidioschyzon merolaeの光応答転写制御における二成分制御系の役割:日本農芸化学会平成26年度大会、2014328日、明治大学(生田)
 
石井健雄、加藤麻衣子、Zeenat B. NoordallyKelly A. AtkinsJelena Kusakina、東美由紀、田中 寛、Antony N. Dodd、華岡光正:概日リズム情報の共有に関わる核と葉緑体間のシグナル伝達:日本植物生理学会年会、2014318日、富山大学
 
島田友裕、山崎由紀子、田中 寛、石浜 明:大腸菌RNAポリメラーゼRpoDホロ酵素によって認識されるConstitutive Promotersの探索と解析:第8回 日本ゲノム微生物学会年会、201438日、東京農業大学(世田谷)
 
今村壮輔、石綿愛子、渡辺 智、吉川博文、田中 寛:植物におけるTOR (Target of Rapamycin) の機能解明に向けて:ラパマイシン感受性を示すシゾン株の構築:第8回 日本ゲノム微生物学会年会、201438日、東京農業大学(世田谷)
 
小林勇気、久保田樹、田中 寛:紅藻Cyanidioschyzon merolaeにおいてアブシジン酸はテトラピロール量を制御している:第36回 日本分子生物学会年会、2013124日、神戸ポートアイランド
 
島田友裕、山崎由紀子、田中 寛、石浜 明:大腸菌RNAポリメラーゼRpoDホロ酵素によって認識されるConstitutive Promotersの探索と解析:第36回 日本分子生物学会年会、2013124日、神戸ポートアイランド
 
Ryo Kashima, Mitsumasa Hanaoka, ○Kan Tanaka: The dark-induced transcriptional activation mechanism of gifA/B in Synechococcus elongatus PCC 7942: EMBO/EMBL Symposium: New Approaches and Concepts in Microbiology2013.10.16-18HeidelbergGermany
 
佐藤大地、安藤洸幸、小倉駿佑、藤井 岳、今村壮輔、田中 寛、華岡光正:単細胞紅藻シゾンの葉緑体光応答と転写制御機構:日本植物学会第77回大会、2013914日、北海道大学
 
 
 
 

 

 
  


 
 

学会

田中 寛:バクテリアの枠組みとは何だろうか:日本農芸化学会平成25年度大会シンポジウム(バクテリア・コード:バクテリアの基本OSとは何か?)・招待講演、2013327日、東北大学
 
曾根俊之、今村壮輔、華岡光正、黒岩常祥、田中 寛:単細胞紅藻 Cyanidioschyzon merolae における分裂期特異的なヒストンH3K9のアセチル化の解析:日本植物生理学会、2013321日、岡山大学
 
藤井 岳、華岡光正、今村壮輔、田中 寛:シゾン核コードシグマ因子SIG2による葉緑体フィコビリゾーム遺伝子群の転写活性化 (poster):日本植物生理学会、2013322日、岡山大学
 
鹿島 了、華岡光正、田中 寛:The dark-induced transcriptional activation mechanism of gifA/B in Synechococcus elongatus PCC 7942 (poster):日本植物生理学会、2013321日、岡山大学
 
江波和彦、木山貴史、安間美里、加藤麻衣子、田中 寛、華岡光正:シロイヌナズナT87細胞を用いた葉緑体分化における遺伝子発現制御の解析 (poster):日本植物生理学会、2013322日、岡山大学
 
吉満 勇也、今村 壮輔、福原 いずみ、藏野 憲秀、福田 裕章、原山 重明:微細藻類 Pseudochoricystis ellipsoidea の遺伝子ノックアウト技術開発 (poster):第7回日本ゲノム微生物学会年会、201339日、長浜バイオ大学
 
阿部 淳、高木 さつき、吉満 勇也、福原 いずみ、藏野 憲秀、今村 壮輔、原山 重明:オイル生産藻類 Pseudochoricystis ellipsoidea における安定した導入遺伝子発現系の開発 (poster):第7回日本ゲノム微生物学会年会、201339日、長浜バイオ大学
 
井出曜子、早川准平、坂本美佳、今村壮輔、蔵野憲秀、原山重明:単細胞性緑藻 Pseudochoricystis ellipsoidea を用いた、バイオ燃料生産のための有用形質を持つ突然変異体のゲノム解析 (poster):第7回日本ゲノム微生物学会年会、201338日、長浜バイオ大学
 
並木友亮、今村壮輔、藏野憲秀、原山重明:微細藻類によるバイオ燃料生産 : Pseudococcomyxa ellipsoidea における油脂合成関連因子の同定に向けて (poster):第7回日本ゲノム微生物学会年会、201338日、長浜バイオ大学
 
華岡光正、高井直樹、細川徳宗、藤原正幸、秋元勇輝、小堀奈美、岩崎秀雄、近藤孝男、田中 寛:シアノバクテリアの概日時計機構を支えるRpaA/Bによる協調的な転写調節 (poster):日本分子生物学会、20121213日、福岡国際会議場
 
◯Kan Tanaka: Nitrogen assimilatory pathway and the regulation in a eukaryotic red alga Cyanidioschyzon merolae: Physiology and Biotechnology of Microalgae, Russian Academy of ScienceInvited2012.10.16Russian Academy of ScienceMoscowRussia
 
島田友裕、斎藤菜摘、田中 寛:大腸菌をモデル生物として細胞の代謝・増殖制御機構の解明 (poster):第7回メタボロームシンポジウム、20121011日、慶応義塾大学・先端生命科学研究所(鶴岡)
 
◯Sousuke ImamuraYu KanesakiMio OhnumaTakayuki InouyeYasuhiko SekineTakayuki FujiwaraTsuneyoshi KuroiwaKan Tanaka: R2R3-type MYB transcription factor, CmMYB1, is a central nitrogen assimilation regulator in Cyanidioschyzon merolae: The 12th Asian Conference on Transcription2012.6.6Seowipo KAL hotelJesu IslandKorea
 
◯Kan TanakaSatoru WatanabeYuki Kobayashi: Involvement of chloroplast and mitochondria in algal cell cycle initiation: The 12th Asian Conference on Transcription2012.6.6Seowipo KAL hotelJesu IslandKorea
 
田中 寛:紅藻シゾンCyanidioschyzon merolaeにおける代謝制御研究:日本光合成学会・招待講演、201261日、東京工業大学(横浜)
 
 
 
 

 

 
 


 
 

学会

◯小堀奈美、秋元勇輝、田中 寛、華岡光正:シアノバクテリア Synechococcus elongatus PCC 7942 のシグマ因子SigF2による概日時計に依存した転写制御:日本農芸化学会平成24年度大会、2012324日、京都女子大学
 
◯佐藤淳、渡辺 智、大沼みお、千葉櫻拓、田中 寛、吉川博文:単細胞紅藻シゾンにおける外来遺伝子安定導入系の確立:第53回日本植物生理学会年会、2012316日、京都産業大学
 
◯江波和彦、木山貴史、田中 寛、華岡光正:シロイヌナズナT87細胞で誘導される葉緑体分化に際した核遺伝子の発現制御:第53回日本植物生理学会年会、2012317日、京都産業大学
 
江波和彦、本橋典子、田中 寛、◯華岡光正:アミロプラスト分化におけるプラスチドシグナルを介した核遺伝子の発現調節 (poster):第53回日本植物生理学会年会、2012317日、京都産業大学
 
◯曾根俊之、広岡俊亮、今村壮輔、黒岩常祥、田中 寛:単細胞紅藻シゾンにおける分裂期特異的なヒストンH3K9のアセチル化と転写活性化における役割 (poster):第53回日本植物生理学会年会、2012317日、京都産業大学
 
Kan TanakaTsubasa HosoyaMasaru TerashitaYu KanesakiSousuke Imamura: Nitrogen assimilatory pathway and the regulation in a eukaryotic red alga Cyanidioschyzon merolae: The 6th German-Japanese binationa seminar, Microalgal Products: From Metabolic Fundamentals to Promising ApplicationsInvited2011.11.1Schloss ReinachFreiburg-MunzingenGermany
 
Kan TanakaSatoru WatanabeYuki Kobayashi: Involvement of chloroplast and mitochondrion in algal cell cycle initiation: 34回日本分子生物学会年会ワークショップ(Control of mitohondrial functions via intracellular crosstalk)Invited20111215日、パシフィコ横浜
 
 
 
 

 

  


 
 

応微研ジャーナル


 
1955年創刊、67年の歴史をもつ日本オリジナルの微生物学分野の国際誌です(IF 2020/2021 = 1.447)。本誌のChief Editorを2014年3月より田中が担当しております。

微生物研究会


 
主に首都圏の微生物研究者の交流の場として、2004年4月以来、年に1~2回のペースで続けてきた研究集会です。

稀刊連載コミック MITOさん